日本テニス界の歴史を振り返ろう!

錦織圭選手が日本テニス界で、史上最高の位置に居ますが、 今だからこそ、先人たちの偉業も振り返ってみてみましょう!

再び世界へ目を向けさせた松岡修造!



tennis...3



沢松和子のウィンブルドン女子ダブルス制覇をきっかけに、
巻き起こったテニスブームだが、一方で、70年代後半から約10年近くは、
日本人選手の戦績はそれほど振るわなかった。


田辺清が、1978年の全仏に出場して以来、1988年全豪に松岡修造が、
予選から勝ち上がり、本選出場を果たすまで、グランドスラムの
舞台に日本人選手が立つことはなかったのだ。


国内でのテニス人口が増え続け、人気が高まった結果、
海外に出ていかなくとも、十分生活が出来るようになってしまい、
リスクを背負ってまでの海外挑戦が、知らず知らずの内に、
少なくなっていたのだ。


こういった新たな壁を打ち破り、世界への興味を、
再び取り戻させたのが松岡修造だった。


海外挑戦を続け、当時、世界2位だった、
ステファン・エドバーグに勝利するなど、活躍を続けた。


故障が多いのが玉にきずだったが、それを乗り越え、
1995年に、ウィンブルドンベスト8の成績を残したことは、
称賛されるべきだろう。


何よりも、彼の姿勢によって、若い世代が、
再び世界へ目を向ける契機となったことが、最大の貢献と言える。


現在世界ランキングには、錦織圭、添田豪、伊藤竜馬と、
100位以内に3人が名を連ねている。


これは現行のシステムになった、1973年以来初めての快挙である。


日本男子テニス界は、過去最強といってもいいほどの、
陣容に恵まれているわけだが、その中で道を切り開いた、
松岡修造の役割は、小さくない。


ただ単に、熱血な応援をしているだけの人ではないことを、
多くの人に知ってもらいたいものだ。






コメントを残す

日本テニス界の歴史を振り返ろう! © 2015 Frontier Theme